肝臓の健康成分「オルニチン」とは?

肝臓の健康成分「オルニチン」とは?

肝臓の健康成分「オルニチン」とは?
近年、健康志向の方が増え、健康に対する意識が変わってきているように見てとれます。肝臓の健康成分といえば、「オルニチン」という成分が代表的です。

 

オルニチンというと特別な成分のように思われるかもしれませんが、これはアミノ酸の一種です。

 

私たちの身体にもともと存在し、重要な役割をになっています。

 

血管や皮膚、筋肉、そして内臓のもとになるタンパク質に欠かせない成分です。

 

ちなみに私たちの身体の約20%がタンパク質で構成されています。それほど、オルニチンは重要な栄養素です。

 

口からオルニチンを摂取したとき、腸で吸収されたのち、遊離アミノ酸として肝臓や腎臓、筋肉を循環します。そして、肝臓にはオルニチン回路といってアンモニアを代謝するためなどに関与する機能に関わっています。

 

つまり、オルニチンを補うことは肝臓の機能を維持させ、健康を保つことになっています。しかも、近年の研究によると、疲労回復や美容効果も期待できることが分かってきています。