しじみの産地の違い

しじみの産地の違い

しじみの産地の違い

サプリメント選びにおいても、しじみの産地が気になりませんか。
高品質の素材といえば国産のものをイメージしますが、しじみは台湾でも評判の食材です。

 

しじみサプリメントの代表的な、しじみ習慣でも台湾産のものを採用しています。

 

台湾でも花蓮(ファーレン)という地域でとれるしじみは、「黄金しじみ」と呼ばれています。標高3,000メートル以上の山脈のふもとにある天然湧水の中で育ち、黄金色に輝いています。

 

しじみの産地の違い

 

自然豊かな恵みで育ったしじみは、日本の一般的なしじみの約2倍の大きさに育っています。水中に生えている緑深をエサに育っているため、良質なしじみとして知られるようになりました。

 

国内においても採取量は減っており、しかもしじみが育つ一般的な汽水域では、工業排水などの影響の心配もあります。

 

一方、台湾の花蓮では工業排水などの汚染の心配はありません。だからこそ、美しい黄金色のしじみに仕上がっているのです。