しじみの歴史

しじみの歴史

しじみの歴史

しじみは歴史ある食材です。今でもスーパーに並んでいますが、昭和40年代頃までさかのぼってみると、日常的にしじみが食卓に並んでいた家庭は多いとされています。

 

時代もあり、その閉じはきっと近くの川でも簡単にとれていたのではないでしょうか。

 

もっとルーツを追及していくと江戸時代までさかのぼります。江戸時代には、しじみは食養生の食材として親しまれていました。

 

この歴史が語るように、しじみは古くから健康食材として知られています。お酒をよく飲む人にとって滋養強壮に、子供にとってはタンパク源として親しまれていました。また、乳児を持つ母にとってはお乳の出が良くなる食べ物とも言われていたそうです。

 

そして、しじみは日本国内のみの食材ではありません。台湾のしじみも有名で、現地では産後の女性をはじめ、多くの方が食べていると言います。

 

しじみ料理の種類も豊富で、薬膳専門店でも使われています。

 

私たちもそのようにしじみを食卓に並ぶ生活が送れたらよいのですが、簡単にはいきません。そこで現代の日本人を支えてくれるものとして、しじみを使用したサプリメントの人気を呼んでいます。